ムチムチ巨乳で彼氏じゃ満足できない女子大生@20歳②

金曜日という事もあって近くのホテルは満室。こりゃ参ったなと思い、場所を変えようと思って小さなベンチに座って喋ってた。人が目の前をチョロチョロ歩くのに、彼女はそんな事全然考えてないみたいだった。巨乳を腕にムニムニ押し付けてきてベタベタしてくる。だから勃起したチンコをジーパンの上から触らすと、嬉しがっちゃって超エロい。『アタシも濡れちゃってるかもw』なんていうぐらい。

でもホテルが空いてない、さてどうするか。喋ってると彼女から『だったらウチ来る?』という神のお言葉がwあの頃ってまだ『出会い系=怖い』っていうイメージが無かったからだと思う。まだ2回しか会ってないのに、そのまま彼女宅へお邪魔しちゃいました。

綺麗に整頓された女の子らしい部屋。でも部屋の隅にあったカラーボックスに、電マが透けて見えて笑えた。買ってきた酒を飲みながら少し喋ってたが、その後はもう我慢の限界って感じでベロチュー。覆い被さってくるぐらいの激しいキスにタジタジだった。

服を捲り上げて巨乳を露出させる。既に硬くなった乳首にむしゃぶりつくと、勃起したチンコにアソコをグイグイ押し付けてくるエロい女子大生。巨乳好きなので両方の乳首を思う存分舐めまくりました。十分満喫した後にアソコを触ろうとしたら『シャワー浴びたい』といって逃げられた。でも強引に触ったら、猛烈に濡れちゃってた。まるでローションでも垂らしたのかってぐらいの濡れ方だった。

彼女がシャワー浴びてる時に乱入し、一緒にシャワーを浴びた。肉感のあるムチムチした体に、Gはあろうかという巨乳。あの頃はちょいポチャだなぁ~と思ったが、今の年齢になるとあの体には1番興奮するwその場でチンコも洗ってもらってフェラチオもしてもらった。嬉しそうにしゃぶる姿を見て、根っからのドスケベだと認識。しかも敏感で、触るとすぐに濡れまくる。

指入れての手マンで絶叫し、足をガクガクさせながら絶頂寸前。でも焦らすつもりでヤメると、ベッドでは超ご奉仕プレーw全身舐めてくれるし、2回しか会ってない男のアナルまで舐める。仕方なくクンニしながらアナルを舐めてやると、滴り落ちるぐらいエロ汁を垂れ流してた。

彼氏と使うイボイボのコンドームを装着して挿入。彼氏とは違うチンコに正常位で1回、騎乗位では激しく勝手に腰を振りながら1回、バックで1回の絶頂。久し振りの絶頂だったからなのか、絶対隣近所に消えてるだろうってぐらいの喘ぎ声を出してた。濡れすぎなのでイクにイケなかった。

それに不満だった彼女は勝手にゴムを取り、騎乗位で跨ってきて激しく腰をバウンドさせてきた。目の前で揺れる巨乳にも、腰を振りまくる姿にも大興奮。でもまたもや俺がイク前に彼女がイッちゃって断念。でもその後の正常位で無事射精する事が出来た。もちろん巨乳にブッカケてやったw

③へ続く

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る