ドM過ぎて彼氏じゃ満足できない女子大生@19歳③

割れ目をツーッとなぞると、体をビクつかせて反応してくれる。こりゃ相当敏感だなと楽しくなった。対面座位でケツの方から手を回してオマンコを触る。彼女は俺の首にキスしてきたり、耳を舐めてきたりもする。そんな中で中指の第一関節までを挿入。そしてクチョクチョと動かすと喘ぎまくりだった。『外から丸見えだぞw』これは意地悪で言ったわけじゃなく、マジで部屋の中を覗けば丸見えだった。ミニスカートを捲られてパンツ丸出しだし、しかもパンツの横からオマンコに中指を挿入されてる。よくよく見ればオマンコが見えちゃうレベル。それを指摘すると逆に彼女は大興奮だった。

『あ?人が通ったw』『こっち見てたなぁ~見られたかもw』『あっ、さっきの人だ、戻ってまた見に来たぞw』そういう言葉を彼女に浴びせると、嫌がりつつもマジで興奮しまくり。それはオマンコの濡れ具合でも分かった。第一関節までしか挿れてないのに、しかもちょっとだけしか動かしてないのに、驚くほどビチャビチャに濡らしてた。『このお汁は何だよ』とかイジメたりもしたので、彼女は念願叶って嬉しかったらしい。俺にオマンコ弄られてキスしながら『これは浮気じゃないよね?』なんて喋ってもいたし。普通に考えたら浮気でしょwでもそんな事は言わず、チンコ挿れてないから違うね!という事にしておいた。

それでまた一気に性欲が開放されたらしい。終わり10分前ですよと内線がかかってくるまでの20分ぐらい、対面座位でオマンコ弄りながらのキスを堪能した。挿入してた中指を見たらフヤけてて笑えた。彼女もそれを見て恥ずかしかったのか、急いで指を握ってきて隠そうと必死だった。でもそんな彼女を押さえて、今度は後ろからオッパイ揉みまくっておいた。見た目以上にデカいオッパイに期待感は倍増した。この時予想してたのはDカップだったが、実際はEカップ巨乳だった。

外にでるともう既に電車もない。じゃ~泊まるか!って事になるが、ホテルはヤバいと彼女。彼氏から連絡が来てホテルじゃヤバいという。どういう事なのか・・・彼女が言うには、信じない彼氏が絶対『写メ送って』と言ってくるはずだという。だから今まで終電を逃した時に使ってた満喫の方がイイと。必死にラブホ街で俺にそんな話をしてる彼女w『いや、ラブホで!』とは言えない。だから仕方なく満喫へ行ったが、金曜の夜ですからねぇ。。。カップルシートみたいなスペースが空いてるワケがない。しかもわりと混んでいて、そんな余裕すら言えない感じだった。なので仕方なく普通の椅子が2脚あるだけのスペースに決めた。

飲み物を取りに行く時と部屋でゴソゴソしてる時、両隣のお客さんを確認できた。思いっ切り満喫が似合いそうな20代~30代の男子wこの2人が絶対耳をすませてるぞと彼女に伝えながら、まずはベロベロと激しいキス。チュッとか音が鳴るたびに、彼女が『しーっ』と焦る。でもそれはそれで興奮するようで、俺以上にレロレロと舌を絡ませてきてた。こうなってくるともう楽しくて仕方がない。巨乳を揉めば、声を我慢しながら大興奮。オマンコに指入れるとクチュクチュ音が鳴って大興奮。漫画を探しに行った時も、探してるフリしながらスカートの中に手を入れてオマンコに指挿れ。ちょっとしたプレーになっちゃってて、彼女はもう大興奮だった。

④へ続く

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る